THE TOKYO TOILET

代々木深町小公園トイレ

富ヶ谷1-54-1

Photo by Satoshi Nagare

Facilities

  • Facilities

    障害のある人が
    使える設備

  • Facilities

    女性

  • Facilities

    男性

  • Facilities

    高齢者優先設備

  • Facilities

    妊産婦優先設備

  • Facilities

    ベビーケアルーム

  • Facilities

    乳幼児連れ
    優先設備

  • Facilities

    こどもお手洗

  • Facilities

    オストメイト用
    設備

  • Facilities

    介助用ベッド

  • Facilities

    ベビーチェア

  • Facilities

    着替え台

Creater

坂 茂

建築家

公共のトイレ、特に公園にあるトイレは、入るとき2つの心配なことがあります。一つは中が綺麗(クリーン)かどうか、もうひとつは中に誰も隠れていないかどうか。新しい技術で作られた鍵を締めると不透明になるガラスで外壁を作ることで、トイレに入る前に中が綺麗かどうか、誰もいないか確認でき、その2つの心配をチェックすることができます。そして夜には、美しい行灯のように公園を照らします。

坂 茂

1957年東京生まれ。建築家。慶應義塾大学環境情報学部教授。1985年、坂茂建築設計設立。1995年、NGOボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク(VAN、現在NPO法人)設立。住宅や美術館の設計、災害支援活動を行う。プリツカー賞(2014)をはじめ、フランス芸術文化勲章コマンドゥール(2014)、マザー・テレサ社会正義賞(2017)など受賞多数。

IMAGES

MAINTENANCE

MAINTENANCE

公共トイレは長く使い続けていただくものです。THE TOKYO TOILETではそれぞれに印象的なトイレを設置しますが、デザイン性に優れているだけではなく、気持ちよく利用していただけるよう、清掃をはじめとしたメンテナンスも重要と考えます。

日本財団、渋谷区、一般財団法人渋谷区観光協会が手を組み、メンテナンスに取り組みます。さらに、トイレの維持管理のプロフェッショナルである「トイレ診断士」による診断を受けながら、どうすれば快適なトイレが維持できるのか、検討を繰り返しながらメンテナンスを向上させていきます。ご利用いただく皆さまにも、次に使う人のためにきれいに使いたいと思っていただけるよう、メンテナンスの状況はこのウェブサイトでも公開いたします。

MAINTENANCE

清掃員が着用するユニフォーム(イメージ図)。ファッションデザイナーのNIGO®️が監修

TOILET LIST

痛みも、希望も、未来も、共に。