THE TOKYO TOILET

裏参道公衆トイレ

千駄ヶ谷4-28-1

Photo by Satoshi Nagare

Facilities

  • Facilities

    障害のある人が
    使える設備

  • Facilities

    女性

  • Facilities

    男性

  • Facilities

    高齢者優先設備

  • Facilities

    妊産婦優先設備

  • Facilities

    ベビーケアルーム

  • Facilities

    乳幼児連れ
    優先設備

  • Facilities

    こどもお手洗

  • Facilities

    オストメイト用
    設備

  • Facilities

    介助用ベッド

  • Facilities

    ベビーチェア

  • Facilities

    着替え台

Creater

マーク・ニューソン

インダストリアルデザイナー

私のデザインは、銅製の「蓑甲(みのこ)屋根」をはじめとする日本の伝統的な建築の引用が中心となっています。トイレが賑やかで超近代的な場所にあっても、神社仏閣や茶室、農村部などによく見られるこの屋根の形が、潜在的に心地よさや安らぎを感じさせるものにしたいと思いました。銅のピラミッド型屋根の緑青は、時とともにこの建築物を街に溶け込ませ、東京を織りなす構造の一部となることでしょう。
私にとって、このトイレは内からも外からも信頼でき、誠実さが感じられるデザインであることが重要です。明るい内装は、私の好きな色であるグリーンの単色でシームレスかつ衛生的に仕上げられています。このトイレのデザインでは機能性、シンプルさ、そして心地よく永続的な空間であることに重点を置いています。
渋谷にたくさん存在する隠れた名所のように、このトイレが魅力的でとても便利な存在になることを願っています。
マーク・ニューソン

Prudence Cumming Associates, Gagosian

マーク・ニューソン。同世代で最も影響力のあるデザイナーのひとりと評される。幅広い分野で活躍し、クライアントにはLouis Vuitton、Montblanc、Hermès、Nike、Dom Pérignon、Jaeger-LeCoultre、Ferrariなどの企業が名を連ねる。Qantas Airwaysのクリエイティブ・ディレクター(2005年~2015年)や、Apple Watchのデザインに関わって以来、Appleのスペシャルプロジェクト担当デザイナーも務める。2019年にジョナサン・アイブとともにクリエイティブ集団LoveFromを設立。
オーストラリアのシドニーで生まれ、1986年にシドニー大学を卒業。Australian Crafts Councilの助成を受け、23歳で初の個展を開催。25歳までに、代表作であるLockheed Loungeを制作。同作品は現存するデザイナーの作品としてオークションで世界最高値を4度記録。
慈善団体(RED)の長期的な支援者として、アイブと共に2013年にデザインオークションを企画し、同団体のために4600万米ドルを集める。
Gagosianに所属する唯一の工業デザイナーであり、Galerie kreoにも所属する。世界中の主要な美術館で回顧展が開催され、これまでのデザイン作品は世界各国にある40以上の機関のパーマネント・コレクションに収蔵されている。

IMAGES

MAINTENANCE

MAINTENANCE

公共トイレは長く使い続けていただくものです。THE TOKYO TOILETではそれぞれに印象的なトイレを設置しますが、デザイン性に優れているだけではなく、気持ちよく利用していただけるよう、清掃をはじめとしたメンテナンスも重要と考えます。

> 詳細をみる

TOILET LIST

痛みも、希望も、未来も、共に。