THE TOKYO TOILET

MESSAGE

建築の限りない可能性を体験してください

大和ハウス工業が設計・施工する建物は、社内の技術者だけで完結することがほとんどです。コストや法令、施工期間を守り、クライアントにご満足いただける建築物を完成させ、引き渡すまでが技術者の仕事です。「建築の工業化」を理念にかかげている会社ですから、まったく予想外の着地点を求めることはありません。長年培ってきたそのような自分たちのスタイルと、「THE TOKYO TOILET」のプロジェクトは、まったく肌合いの異なるものでした。名だたる建築家やデザイナーの方々が発想した公共トイレは、それぞれ個性的なデザインになるはず。施工についても一筋縄ではいかないだろう──当初から、このように想像するのは容易なことでした。それでも、建築家やデザイナーの方々とやりとりしつつ、利用者のみなさまに喜んでいただけるものをつくるプロジェクトに参画することができれば、社内技術者のみならず、全社的にも、二度と訪れることのない得難い経験になるだろうと考えたのです。このプロジェクトに参画することで、想像を超えるようないくつものハードル、しかもかなりの高さのあるハードルを跳ばなければならないこともたびたびでしたが、ひとつひとつの「THE TOKYO TOILET」の実現に至るまでの折衝、調整、設計・施工は、私たちのかけがえのない財産になりました。ふたつとして同じもののない公共トイレと、建築のかぎりない可能性を、ぜひ現地で実際にご利用いただき、体験してくだされば幸いです。

大和ハウス工業株式会社
執行役員 東京本店長
竹林桂太朗

MESSAGES
FROM SUPPORTERS

渋谷区の全面的なご協力に加え、設計施工には大和ハウス工業株式会社、トイレの機器やレイアウトの提案にはTOTO株式会社にご協力いただいています。ご協力いただいている皆さまの思いをご紹介します。

痛みも、希望も、未来も、共に。